看板の印刷面ってどんな感じ?印刷シートのご紹介

製作担当、鶴崎です。

またまた看板のギモンにお応えします!

※前回、看板の「板」についてのブログはこちら→看板の「板」ってどんな材質?

 

今回は、看板の板に貼る「印刷シート」についてご案内いたします。

 

弊社の基本的な看板は「アルミ複合板」という板に、デザインを印刷した「印刷シート」という材質を貼りつけております。

手書きだと製作に時間が掛り、また多少のズレがでますが、印刷だと安価で早く正確に印刷ができるからです。

 

ではその「印刷シート」っていうのはどんなものなのでしょうか?

 

弊社では「塩ビシート」をメインで使ってます。

また塩ビシートでも2種類あり、用途によって使い分けております。

それぞれの塩ビシートをご紹介いたしましょう。

 

1.グレー糊塩ビシート

裏面にグレー色の糊がついた塩ビシートになります。

少し厚みがあり、丈夫です。

また糊が強力なので、一度はり付くとなかなか剥がすのは困難です。

少しツヤがあり発色がいいです。

看板にはるシートとしては定番のシートです。

 

2.乳半塩ビシート

 

裏面に白色の糊がついた塩ビシートになります。

少し薄いので透過性があります。

裏側からライトを照らすような「電飾看板」に使うことが多いです。

糊が白色というのが大きな特徴で、裏側から見てもキレイにみえるのです。

自動ドアのガラス面に貼ったり、お店さんのショーガラスに貼ったりいろいろな用途があります。

グレー糊よりは剥がしやすいので、季節ごとで貼り換えも可能です。

 

実はこれだけじゃないんです!

印刷シートをご紹介しましたが、実はこれだけじゃないんです。

この印刷シートを保護する「ラミネート加工」が必要になります。

 

やはり看板は屋外のもの。

強い日差しや、雨・風にさらされています。

いろんな天候で印刷が汚れたり、傷ついてはいけません。

なのでラミネートが必要になります。

 

ラミネートのお話はまたいつか。

 

看板のご相談、お待ちしております。

いかがでしたでしょうか?

「看板」といっても、用途によっていろいろな形式があります。

看板をご検討されている方に、お力になれれば幸いです。

お問合わせ・ご相談はお気軽に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)