製本担当の災難

あれから、1週間

土曜日に、断裁機のトラブル報告をメールでメーカー、問屋に連絡。

社内的にもラインで報告し、月曜日の対応を依頼。

休み明けの火曜日に、メーカーの修理担当者が来社しましたが、

2時間程点検して、「修理部品がないので修理できません。」

それで問屋さんに、次機種を探してもらって

その回答が・・・・・「納期は早くて12月5日です。」

頭の中が、真っ白に・・・・・

・溜まるカレンダーやアルバムの注文。

・減っていくテキストの在庫。

問屋さんの奨めで、事務用の断裁機を購入したが、能力不足

そんなおり、取引先の有限会社宇田産業さんが、「いつでも断裁機使ってください。」と。

助かった。

テキストの欠品は避けられました。

カレンダー、アルバムは、もうしばらく契約先にご迷惑をおかけしそうです。

そんななかでも、やせない製本担当村上でした。

来週はどうなることやら。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)