グランデザイントップページ > ご利用ガイド > 幕サイズの考え方

【関連ページメニュー】

取り扱い生地の特徴
完全データの取扱い
デザイン依頼について
既成デザインの選択
幕サイズの考え方

横断幕・懸垂幕での幕サイズの考え方

応援幕(横断幕)の場合は、短辺が90cmもしくは120cmで多くご注文いただいております。(短辺は最大240cmまで継ぎなし)

長辺の長さはご予算に合わせて検討されることをお勧めいたします。

横断幕(応援幕)・懸垂幕(垂れ幕)サイズの選び方

デザインで選ぶ

横断幕(応援幕)や懸垂幕(垂れ幕)のデザインや文字数によって幕サイズを決めるのもお勧めです。文字数が多いのに横幅が狭いと文字を小さくしないと入らなくなります。
そうするとデザインの体裁がくずれ、印象の悪い横断幕になってしまいます。
また、余分な余白がありすぎるのも幕のデザインが見えづらくなる原因となります。

→既成デザインはこちら


→文例集はこちら


→フォント集はこちら

いろいろな既成デザイン
既成デザインの例

価格で選ぶ

横断幕(応援幕)や懸垂幕(垂れ幕)は生地の種類や幕のサイズによって価格が異なります。予算が決まっている方は予算に合わせて幕のサイズを選ぶことをお勧めします。

→ 生地ごとの価格表はこちら

激安横断幕
トータルコストが安い

設置場所で選ぶ

横断幕(応援幕)や懸垂幕(垂れ幕)は、屋外・屋内どちらで使用されるかによって、最適な縦と横の比率も異なります。応援幕やビルに吊るす懸垂幕は広い屋外で使用するのに小さい幕では目立たないし、体育館など個人のスペースがある程度限られた空間では、あまりにも大きな幕を製作されると設置自体ができない可能性もございます。

設置場所
あぞのどろんこ祭り横断幕の設置

横断幕(応援幕)・懸垂幕(垂れ幕)サイズの比較

幕を屋外で使用する場合と、屋内で使用する場合の幕の最適サイズについて比較してみました。

屋外の場合

屋外設置の広告看板用として使用される場合、設置場所にサイズの限界があるのでその範囲でお決めいただければ結構です。

屋外の場合は、遠くから見えるように300cm以上の長さの横断幕・懸垂幕をお勧めします。

お勧めサイズの例…H60cm×W360cm、H90cm×W500cm、H120cm×W540cm 等

<グランデザインお勧めサイズ>

屋外使用の場合の最適サイズ




屋内の場合

屋内の場合は、スペースが限られた空間で設置することがほとんどで、大きな幕を作っても設置できないことがあります。

となり人との距離を考えて先に横の長さを決めてから、下の図をもとに縦の長さを考えていただくことがよろしいかと思います。

縦と横の比率が1:2くらいがお勧めです。

お勧めサイズの例…H60cm×W120cm、H90cm×W180cm、H120cm×W240cm 等

<グランデザインお勧めサイズ>

屋内場合の最適サイズ