トレース作業の説明

画像データが写真データしかなかったり、デジタル形式のデータがあってもサイズが小さかったりすると、横断幕のような大きな印刷に拡大した場合、輪郭がギザギザした粗い画像になってしまいます。

このような場合に、トレース作業を行い、拡大しても画質が劣化しないデータにします。

(※複雑な画像のトレース作業は、別途お見積りさせていただきます。)

例として、以下のロゴ画像をトレースしていく過程をご紹介します。

トレース前の画像

トレースの基になる画像を配置したところです。これが下絵となります。

今回は影になる黒っぽい部分とメインの紫の部分に分けてトレースしていきます。

イラストレータで開いた画像

まず影の部分を丁寧になぞっていきます。

紫色の裏に隠れている部分も描き出していきます。

トレース作業の画像

影の部分が完成したら、トレースした影は一旦非表示にします。

次は紫の部分を同様になぞっていきます。

トレース作業の画像

トレースが完了したら、下絵と同じ色合いになるよう色付けし、その他の微調整を行います。

トレース作業の画像

下絵を消去して完成です。

トレース作業微調整の画像

できあがった画像です。

輪郭が滑らかになっていることがわかります。

トレース作業微調整の画像